就活・転職

【業界人が語る】プログラミングの適正は楽をしたい人が向いている説

やべっち(@yabecchi312)です! プログラミングを勉強していると何度も自分はプログラミングをやるのは向いていないのではと感じる瞬間が何度もあります。 しかし、プログラミングを勉強して2ヶ月が経つ頃にあるラインを超えて色々繋がる瞬間がきて、本当にプログラミングが楽しくなる時がきます。 これって適正がどうとかではなく出来るようになったから。 ここまで来るとプログラミングをやっている人の共通点、プログラマーの適正が見えてきました。 それが「楽をしたいから」  
未経験アザラシ
未経験アザラシ
そんなわけないじゃん!だってプログラミングの勉強って難しいじゃん!
webエンジニア船長
webエンジニア船長
そう言われると思ったのでちゃんと解説しますね。
🔽おすすめスクールはこちら🔽

webエンジニアになるためのライザップ的なコンテンツランキング!

  1. TECH::EXPERT【70日で一番スキルが身につく】
  2. 3ヶ月10万円で受講できる転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】【一番安い!コスパ最強】
  3. WebCamp pro 【就職サポートが熱い】
  4. DIVE INTO CODE 【一番スキルアップが可能】
  5. 侍エンジニア塾【マンツーマンでいきなりフリーランスも可能】

楽をしたい人がなぜプログラミングに向いているのか?

楽をしたい人って何もしないようなイメージがありますが、結構楽をしたい人は楽をするために努力をするんですよ。 楽をしたいプログラマーって私の知り合いでも結構多くて、めんどくさいから仕組み化しちゃうといって簡単に作ってしまうのですよ。 そういう人は本当にプログラミングが向いていて、どんどん自分がこうなったら楽になるのにという考えが思いつくのでそれをどんどんプログラミングで仕組み化してしまうのです。 楽をしたいということは「もっとこうなれば良いのに」とか「もっとこうなれば便利なのに」という考えがあるので、スキルがある人はすぐにそれをプログラミングで実現できてしまいます。 だから楽をしたいがプログラマーに向いているのです。

プログラマーは本当に生活も楽になる!

じゃあプログラミング自体は楽なのかというと最初はめっちゃ大変です。 しかし出来るプログラマーは自分用のプログラミングテンプレートを作ってしまってもうコピペしてそれを組み合わせていくだけ。 しかも、この次元のプログラマーってめっちゃ稼いでいるし、プログラミングを趣味でやっているので楽。 そんなプログラマーが全然足りていなくて仕事は有り余っているし、フリーランスで働いたらリモートワークで月100万円稼いじゃったりしているので、ここまできたら無理して仕事を取りにいく必要がありません。 めっちゃ楽なんですよ。 でも楽をするためにはすごくベタですがやっぱり努力が必要なんです。 最初から楽をするとあとでものすごく大変なことになります。 だってずっと遊んでいたいから30代までバイトしてフリーターしていたら、そのあとの就活だったりキャリアは楽だと思いますか? 当然めっちゃ厳しいです。 就職は出来るけど、それまで他の人は正社員としてめっちゃ努力して働いているわけです。 そういう人と比べてしまったその後社会で稼いでいくのは簡単ではないのは当然ですよね。 だから自分が将来楽を出来る時まで今一生懸命努力出来る人が自分が理想とする生活を手に入れることが出来るわけです。

楽をしたいは悪いことではない

楽をしたいという言葉がなんか怠けていて悪いイメージがありますが、本当にそうですかね? だって努力しないと楽をすることなんてできないですし、楽になった状態でさらに新しいことが挑戦できてもっと良いものを生み出せるようになるかもしれないんです。 実際本当に楽をしている人は今やっていること全てがもう楽しくて自分の趣味になっている状態なんですよ。 しかも楽をしたいって誰もが持っている願望ですよね。 そのために努力出来るならプログラミングはまじで向いてます٩( ‘ω’ )و ぶっちゃけ文系だからとか、数学が苦手だからとかは言い訳でしかありません。 もちろん本当に向いていない人もいると思います。 でも多くの人は出来るはずです。 だって、中学生の時に何か部活に入っている時を思い浮かべて欲しいのですが、もう絶望的に下手ですぐにやめるべき人ってめっちゃ少数じゃないですか? 多くの人は最初うまくできなくてもある程度の期間努力したらバスケ部だとドリブル出来るようになってシュート出来るし、陸上部でもある程度は足が速くなります。 そのようにプログラミングもある程度ラインまで努力すると絶対できるようになって、まるでゲームをやっているように楽しくなる時が来ます。

まとめ

私はまだ楽になっている状態になっている訳ではありませんが、プログラミングは楽しいです。 だからもっともっと勉強したいし楽しいからどんどん吸収することが出来ます。 他のことと比べてもプログラミングは楽しいの次元にいくハードルを超えるのがかなり低いです。 しかも稼げるのでおすすめです。 特にwebエンジニアだとほとんどブラック企業のようなところにつくことが少なく、フリーランスになりやすい職業なのでwebエンジニアはおすすめです。 楽をするために努力したい人はぜひwebエンジニアになることも検討してみてください!٩( ‘ω’ )و
プログラミングで年収1000万円を超える賢い生き方【無料公開】

プログラミングは市場価値を上げるのにとても再現性が高いスキルです。

ぶっちゃけ市場価値なんて私はどうでもいいですが、やりたいことをやるためには市場価値がないと生きていくのが難しい現実があります。

プログラミングは副業がかなり簡単になり、フリーランスエンジニアになってリモートワークや月収100万稼ぎながら自由に働いている人も多いです。

私も副業合わせたら年収1000万円のフレーズにプログラミングを始めて一年で達成しました。

プログラミングを使ってフリーランス・副業・転職していく賢い生き方を無料公開します!