TECH::EXPERT体験談

【受講者が語る】テックエキスパートの評判とのギャップを全て暴露!

やべっち(@yabecchi312)です!

プログラミングスクール界で評判のTECH::CAMP(テックキャンプ)の10週間でプロのエンジニアになれるTECH::EXPERT(テックエキスパート)。私は、2018年6月〜8月に副業・フリーランスコースを10週間受講していました。

Webエンジニアに未経験からいきなりなる場合、それなりのスキルを必要とするのでプログラミングスクール通わないといけませんが、有料スクールは60万円〜80万円と受講料が高い。

TECH::EXPERT(テックエキスパート)の評判・口コミはかなり良くて、正直ネットの情報だけだと不安になります。私がここに通う前にそう感じました。

そのため、今回は私が実際にTECH::EXPERT(テックエキスパート)のフリーランスコースを10週間受講してみて感じた、評判・口コミとのギャップなどを全て暴露します!

できる限り体験したからこそわかるリアルなこと、2018年4月にできたフリーランスコースがどんな感じなのか、他のサイトではあまり載っていないような情報をお伝えします!

 

 

最初に読んでほしいTECH::EXPERTの思いを知れる記事🔽

 

【TECH EXPERT】人生の変え方とは?受講生が徹底取材する!やべっち(@yabecchi312)です! 私はプログラミングスクールTECH::CAMPの短期コースである、TECH::EXPE...

 

🔽おすすめスクールはこちら🔽

エンジニアになるためのライザップ的なコンテンツランキング!

  1. TECH::EXPERT【70日で一番スキルが身につく】
  2. DIVE INTO CODE 【確実なスキルアップが可能】
  3. GEEK JOB 【最短1ヶ月で就職が可能かつコスパ最強】
  4. DMM WEBCAMP(旧:WEBCAMP PRO) 【就職サポートが熱い】
  5. 侍エンジニア塾【マンツーマンでいきなりフリーランスも可能】

TECH::EXPERT(テックエキスパート)の評判とのギャップを感じる5点を暴露

webエンジニア船長
webエンジニア船長
TECH::EXPERTの評判とのギャップはこの5つです。

1. 【TECH::EXPERTの受講料金が高すぎる件】副業でその料金分は余裕で回収できた話

2.  卒業生の就職先について

3. 本当にプロのエンジニアになれるのか

4. カリキュラム内容の質と卒業したら見れなくなる件

5. メンターの質

 

1. 【TECH::EXPERTの受講料金が高すぎる件】副業でその料金分は余裕で回収できた話

受講料は短期(10週間)が598000円(税別)です。

受講料は夜間(6ヶ月)が798000円(税別)です。

正直高いと感じますよね。

他のプログラミングスクールも転職支援の付いているところでTECH::EXPERTを卒業できるレベルのプログラミングスキルを身につけようとするとこれくらいはかかります。


 

他のプログラミングスクールでもこの1年で受講料がどんどん上がっています。

理由は、Webエンジニアになりたい人が急増していて、プログラミングスクールが人気だからです。

早く決断しないとどんどん仕事を獲得するのが大変になってきます。

分割で払えば月々29000円です。

私はこの受講料にかなり悩みました。

他のプログラミングスクールに実際に5つ足を運んで比べてみましたが、10週間という短期間で一番スキルを身につけられるところは間違いなくテックエキスパートでした。

実際卒業してから6ヶ月たち、エンジニアの仕事をしながら、副業でプログラミング講師とブログをやって全ての仕事と勉強が自分の夢に向かっているのを感じ、すごく楽しいです。

 

しかも私の場合、副業収益は卒業して6ヶ月で月20万円を突破して、もうスクール代分以上は余裕で稼いでいます。

人生を変えるための投資なので、20代社会人の給料2ヵ月分で払うことが出来て、Webエンジニアとしてフリーランスになったら1ヵ月で余裕で返せる額であることを考えると、全然投資する価値があります。

 

何より、お金よりも大事なものは「時間」です。

本来6ヶ月以上かかる勉強時間も、70日間という最短時間で、現場に入れるレベルのプログラミングスキルを身につけられることを考えると、コスパがめちゃくちゃ良いと感じています。

 

2. 卒業生の就職先について

卒業生の実績例

・News Picks

・チームラボ

・DMM

・U-NEXT

・Money Forword

・いきなりフリーランスで案件獲得(同期で未経験から案件獲得している人がいます)

こういった誰もが行きたがる企業は、エンジニアとしてのキャリアがないと絶対に入れないところです。

未経験の人がこういった企業にTECH::EXPERTの卒業生から出ているのは確かにすごいことです。

いくつか例を見てみましょう。

 

webエンジニア船長
webエンジニア船長
News Picksやチームラボに就職した成功例

NewsPicksに入社した方は、その会社に行きたいという熱意が大きく、

NewPickをポートフォリオとして作成、さらにオリジナル機能を追加してNewPicksの面接の時に

「こんな機能があったらもっと良いサービスになると思います!」

と、面接で提案し、その熱意によって採用されました。

 

誰もがそういった今イケイケの企業に決まっている訳ではありません!

ただ、チームラボへの就職は、毎月のように採用が決まっていて、私の同期にもいました。

未経験の場合、どうしても実務経験がないのでポテンシャル採用に寄るところが大きいです。

 

それでも、しっかり勉強をしてスキルを身につけないと面接すら受けることができません。

Webエンジニアを目指すなら、プログラミングスクールは通う価値がガチであります。

未経験からWebエンジニアになるには、ポテンシャル採用になる。しかし、スキルがないとエンジニアとしてスタートラインにすら立てない

 

webエンジニア船長
webエンジニア船長
正社員経験がない、元フリーター3年がMapleSystemsに就職したやべっち(私)の成功例

私も色んな企業を回ってわかりましたが、TECH::EXPERTの評判はそれなりに良いです。

Wanteldyに「TECH::EXPERTに通っている」ということをプロフィールに書いていると普通にスカウトメールがたくさん来ました。

結局就職先は、Twitterで話題のMapleSystemsという企業に入社しました。

 

私が活動した内容をまとめると、

・Twitterとブログで情報発信をする

・イベントに参加して、エンジニアと仲良くなる

・Wantedlyでたくさんの企業を訪れる

 

こんな感じで、プログラミング学習だけでなく、転職のためにあらゆる行動を起こした結果、MapleSystemsという行きたい企業に内定をもらいました。

  • 正社員経験がない
  • 元フリーター3年
  • 28歳で正社員として就職できた

これが達成できたのも、プログラミングスキルをつけたからこそだと考えています。

 

他にもベンチャー企業で面白い会社に就職している人もたくさんいるし、30代で未経験から転職先を決めている人もたくさんいました。

しかし、転職は本人のコミュニケーションスキルとか行動力、経歴によるものがどうしても大きいです。

誰でも今流行りのすごい企業に転職できる訳ではありませんが、転職先を決めるのはそんなに難しくないというのが結論です。

 

3. カリキュラム内容の質と卒業してしばらくしたら見れなくなる

わかりやすさ
身につけられるスキル html・css、Ruby・Ruby on Rails、Javascript、Jquery、 MySQL 、Git Hub、AWS、heroku、テストコード(Rspec)
難しさ
全カリキュラム後のレベル感 webエンジニア歴1年くらい、バックエンドからサーバー、フロントまで幅広く使えるフルスタックエンジニアに近づける

TECH::EXPERTのカリキュラムの質は、評判だと悪評・善評両方が目立ちます。

 

これは、カリキュラムが段々手取り足取り教えるのではなく、自分で仮説を立てて検索をしないと先に進むことができない構成になっているからです。

私がこのカリキュラムをやってみた感想

向いている人⬇️

自分で仮説を立てて、検索力を鍛えたい人

 

向いてない人⬇️

手取り足取り教えて欲しい人

 

もう私はエンジニアをやって現在1年たちますが、最終的には仮説力と検索力はエンジニアをやる上で必須の能力です。

それでも最初は手取り足取り教えて欲しいという人は、TECH::EXPERTを受講するのはやめましょう。まじでしんどい思いをすると思います。

下の記事から他のスクールを探してください!

 

卒業し、エンジニアをやって1年経った今でも、10週間で身につけられるスキル感は他のプログラミングスクールと比べて間違いなくTECH::EXPERTです。

やる気があり、自分でなんとかしようとする人はぜひおすすめしたいです!

 

あと、カリキュラムが卒業してしばらくすると見れなくなるのも残念な点です。

 

カリキュラムは大きく以下の3つで構成されています。

  • 基礎カリキュラム(2週間)
  • 応用カリキュラム(4週間)
  • チーム開発(4週間)

 

基礎カリキュラム

特に基礎カリキュラムは非常にわかりやすく、Railsというフレームワークの基本をしっかり抑えることができます。

ここでつまずくと応用カリキュラムが大変。

 

基礎カリキュラムが終わって2週間経つと中間テストがあるのですが、これに合格しないと応用カリキュラムに進むことができません。

合格しないとやり直し。

また次に日に受け直しです。

 

中間試験はしっかり勉強しないと普通に通らないです。

学習が始まって一週間で模擬試験みたいなのを受けるのですが、私は23点と絶望的な点数でした。笑

それでもそのあとに基礎カリキュラムを2~3周することができるので、しっかり基礎を身につけられるようになっていて、中間試験は一発合格することができました。

 

応用カリキュラム

応用カリキュラムはJavaScriptが難しく感じて、何度か挫折しそうになります。

そして、ここからたくさんエラー問題と出会うようになって、解決できなくてプログラミングなんて到底無理だと感じることが何度かありました。

あえてそうしているのか応用カリキュラムから検索しないとわからないような不完全な部分があったりして、困ったりしました。

そんないろんな壁を乗り越えて、応用カリキュラムまで終えたらやっと半分。そのあとはチーム開発に進むことができます。

 

チーム開発

特にここの大きな特徴は、チーム開発です。

現場で働く方から聞くのはチーム開発の経験がないことに対して懸念を感じるという意見があるのですが、ここで初心者同士とはいえチーム開発の経験ができるのは実際の就活の面接でストーリーを話すことが出来てかなり評価してくれるのです。

 

そして何よりものすごく勉強になります。

その時の様子も記事にしているので、参考までに。

 

4. 本当に即戦力のプロエンジニアになれるのかについて

 

正直現場で働いている人には全く敵わないので、プロまで行くのは難しいかと。

実際に現場に転職を決めた後に働いてみると、周りのレベルに最初はついていけなかったり、1年経ったとしても勉強することに必死な人がたくさんいます。

エンジニアになって、半年経った私もプログラミング勉強に必死です。

それでもTECH::EXPERTで学ぶことはプログラミングスキルだけでなく、自分が一番やりやすい勉強方法やエンジニアとして大切なことを学ぶことができるので、ここはそんなに心配する必要はありません。

一番大変なのはプログラミングスキルを0→1にすること。

これは絶対にTECH::EXPERTで何とかできます!

他のプログラミングスクールよりここは卒業生の多くが「プログラミング勉強をする癖がついている」と言われています。

実際に私もプログラミング勉強の方法をここで覚えたことによって新しい技術をどんどん自分で学ぶことができるようになりました。

仕事を見つけることができたら、そのあとはいくらでも自分でレベルアップができます。

ただし、スクールを卒業したからと言って勉強をやめてしまってはいつまでたってもプロになることはないでしょう。

実際に転職先を決めている実績がTECH::EXPERTにはたくさんあるので、Webエンジニアになれるかどうかの心配はそこまでする必要はありません。

5. メンターの質がバラバラ

質問はオンラインでするように最近変わってきたらしいので、メンターの質の部分は解決されているかもしれませんが、正直メンターの質はバラつきがあります。

これはプログラミングスクール全体としての問題でプログラミングができる人は当然現場に出てしまうからです。

だからこの部分は正直いまいちに感じました。

 

しかし熱くアドバイスしてくれる人もいれば、現場感の話までためになる話をたくさんしてくれるメンターもいます。

また、エンジニアとしてこれから長い道のりを走る場合はやっぱり自分で問題を解決する力がすごく重要になるので、ここは私にとってそんなに問題にしていません!

ただ、メンターの能力がもう少し均一で高い目だと助かるなと感じました。

🔽今すぐ登録したい方はこちら🔽

TECH::EXPERTの特徴的なところは効率的にスキルアップができること


10週間で人生を変えられるプログラミングスクール界のライザップ。

ここはRubyを学ぶので、完全にWebエンジニアになることを特化しています。

特に特徴的なことがカリキュラムの質が高く、70日間で週6日、1日10時間の学習で500時間を超える学習プログラムであること。

ただ、時間の使い方は自分次第なのでそれよりも勉強している人もいるし、そこまでは勉強していない人もいます。

上のグラフをみてわかる通り、一番早く転職先を決める可能生が高いWebエンジニアに特化したプログラミングスクールはTECH::EXPERTと言えるでしょう。

 

また10週間短期コースだけでなく、仕事をしながら通うことができる夜間コースもあります。

そしてTECH::EXPERTは全てが自分次第で、そのための自分のモチベーションを管理してくれるライフコーチもついてくれます。

全てが自分次第ということは、自分から積極的に動こうと思わないとおいてかれ、徐々にフェイドアウトする人もいます。

なのでここに通うためにはやはり適性があると思っています。

それが「自分から積極的に動ける人」です。

 

アウトプットすることもすごく大切にし、あらゆるエンジニアとして大切な素養を学ぶことができますが、それが合わなくてやめてしまう人がいることも事実です。

 

実際のTECH::EXPERTの教室の様子は?

こちらはTECH::EXPERTの運営会社である株式会社divという会社のCEOのつぶやきです。

教室の様子をみてわかる通り、環境がすごく良い!!

 

渋谷にあり、プログラミングの勉強をする所としては最高で質問もし放題です。

質問については15分から30分悩んでから質問するように推奨されています。

全く質問しないと時間の無駄だし、すぐに聞くのは本人のためになりません。

 

実際の現場ではすぐに質問するなんてことができないからです。

なので、しっかり自分で考えて調べた上で質問内容を明確にして質問するように推奨されています。

これのおかげで検索力は間違いなく向上します!

 

新しくできた副業・フリーランスコースはどんな感じ?

転職コースとは別にフリーランスコースがありますが、私はこのコースに通っていました。

転職コースは選考がありますが、フリーランスコースは誰でも入れます。

そして、ここは未経験からフリーランスとして最初の案件を獲得することに徹底的にサポートしてくれます。

フリーランスとして働くのは全てが自分次第なので実際に案件を紹介をするようなことはあまりありませんが、フリーランスとして案件を獲得するために必要なことは全て面談などで教えてくれます。

いつかフリーランスとして働きたいという方はおすすめです!

もちろん就職の斡旋はしてくれませんが、TECH::EXPERTでサポートしてくれるフリーランスの活動をしていたら普通に転職先を決めることは簡単です。

カリキュラムを終えた後の、私が実際にフリーランス案件獲得のために活動した体験談を別で記事にしているのでこちらを参考にしてください。

通ってる人たちはどんな感じか?

1日2回教室の人とペアを組んで、今日学んだことやこれからどんなことを学ぶかアウトプットする時間があります。

そのついでに相手がどんな仕事をしてきたのかとかなど雑談をすることも可能なので教室に通っている人たちにどんな人がいるのかわかります。

その印象として、ここは受講料が高額なおかげもあり、なんとしてでもスキルを身に付けたくてやる気に満ちた人たちが多いです。

 

起業している人も普通にいるし、成長したい思いが強い人が多いので非常に励みになり、プログラミングの勉強も進みます!

年齢層も様々で、一番多いのは25歳前後の印象。私のような30歳前後やそれより超えている人もそれなりにいました!

🔽今すぐ登録したい方はこちら🔽

 

 

転職コースが誰でも受けられるようになった!

 

2019年4月から、誰でも転職コースを受けられるようになりました!

これは卒業生の就職実績が良く、企業からの評判が良いから変更されたことです。

今まで、30代、40代未経験の方や正社員経験のない方達が転職コースを受講するのが難しかったのですが、こういった方達がしっかり就職実績を出してきたことが大きいです。

 

私も正社員経験なしでWebエンジニアになって、今は新入社員研修のプログラミング講師としての仕事もして、

TECH::EXPERTを卒業して半年で副業と合わせて月収益が55万円までいくようになりました。

 

プログラミングの実力がつけば、今の時代そういった機会がたくさんあります。

自分の市場価値を上げたければ、まずは転職コースで就職して、実績を作りましょう٩( ‘ω’ )و

 

通ってから気づいたこうしておけば良かったこと

プログラミングスクールに通う前に絶対知っておいた方が良いことが、プログラミングに対する自分の適性を知っておいた方が良いです。

ぶっちゃけある程度時間かけてやればプログラミングは誰でもできますが、それでも楽しめるかどうかは別です。

 

プロラミングの無料体験会か、Progateで自分が本当にプログラミングに向いているかどうかくらいは確認しておくことをおすすめします。

実際に通ってみて特に良かったと感じた3つ

webエンジニア船長
webエンジニア船長
TECH::EXPERTの特に良かったところはこの3つです。

1.同期との繋がりが強くなる

2.1日2回のアウトプットがかなり有益

3.情報発信をすることもカリキュラムに組み込まれている

1.同期との繋がりが強く、一年経っても飲みに行く仲なので情報交換ができる

同期とは進み具合がだいたい一緒でほぼ毎日教室で顔を合わせるだけでなく、チーム開発で共にするので自然と仲良くなれます。

みんな遊ぶことを一時的に犠牲にして勉強しているので絆も深まりやすい。

終わった後、打ち上げでバーベキューも行ったり、一年経った今でも時々飲みに行ったりして、情報交換をしています。

 

同期のほとんどが転職先を決めて、フリーランスとして未経験から初案件を獲得しているのですごいです。

ここの繋がりは、自分にとって大きな財産になりました!

2.一日2回のアウトプットする時間がかなり有益

TECH::EXPERTは先ほども触れましたが、朝と夕方の2回アウトプットする時間があります。

私はこれを結構気に入っていて、ここで色々と情報交換することができます。

 

中にはすでに受講を終えて、大学院に行くために機械学習を勉強をしている人もいました。

またわからないことを受講生に聞くのも全然ありです。

 

私はどちらかというと教えることの方が多かったですが、教えることで自分の知識がしっかり定着することができるので良かったです!

しかもそのおかげで副業でプログラミング講師を始めることができました。

 

3.情報発信をすることもカリキュラムに組み込まれている

情報発信をするためにTwitterやブログについてもカリキュラムに組み込まれているので、転職活動、もしくはフリーランスとして活動する場合かなり有益です。

情報発信はスキルを身につけることと同じくらい重要です。

 

他のプログラミングスクールではあまりやっていないことなので、就職活動においてかなり差を付けれると思います!

「#テックエキスパート」とTwitterで検索すれば、受講生が日々学習を頑張っている様子がたくさん見ることができるはずです。

 

最後に:とりあえずカウンセリングを受けると将来のビジョンを明確にしてくれる

実体験を元に自分が特に印象に残ったことを中心に記事にしているので、感じ方は人それぞれなのであくまでも参考程度に。

無料カウンセリングは人生相談のようなもので、教室の様子を知れるだけでなくフリーランスのことやwebエンジニアについて何でも質問ができるので悩んでいる方はカウンセリングを受けてみましょう٩( ‘ω’ )و

先ほども話した通り、Webエンジニアになりたい人が今どんどん急増しているので、早く決断をした方が有利。

まずはカウンセリングに行って判断材料を増やした方が良いでしょう。

 TECH::EXPERTの無料カウンセリングはこちら🔽

TECH::EXPERTからインタビューしてもらいました!🔽

プログラミングで年収1000万円を超える賢い生き方【無料公開】

プログラミングは市場価値を上げるのにとても再現性が高いスキルです。

ぶっちゃけ市場価値なんて私はどうでもいいですが、やりたいことをやるためには市場価値がないと生きていくのが難しい現実があります。

プログラミングは副業がかなり簡単になり、フリーランスエンジニアになってリモートワークや月収100万稼ぎながら自由に働いている人も多いです。

私も副業合わせたら年収1000万円のフレーズにプログラミングを始めて一年で達成しました。

プログラミングを使ってフリーランス・副業・転職していく賢い生き方を無料公開します!