市場価値を上げるブランディング

【副業のメリット】2019年に必ずやっておくべき複業とは?

やべっち(@yabecchi312)です!

 

2018年は「副業」もしくは「複業」という言葉が一つトレンドになりましたが、

私も2018年10月から副業を始めて、ブログとプログラミング講師をやって今は合わせて10万円以上の収益を出しています。(2018年12月現在)

 

そのうちブログからの収益が5万円ほどで今も伸び続けています。

ブログは始めて6ヶ月が経ち、この記事を書いて81記事更新しました。

ブロガーとしては更新頻度がかなり少ない方ですが、それでも月5000pvで安定して5万円以上の収益を出せているのは結構すごい方だと思っています。

 

副業をやると本業にプラスして単純に労働時間が増えてしまいます。

今働いている仕事時間に加えてさらに労働時間が増えるのは確かに嫌ですが、副業をやる目的は目先の収益ではなく将来的に下の3つを得ることがポイントです。

1.楽をするため

2.収入源を増やすため

3.自分のやりたいことに投資するため

 

上の3つを抑えた上で自分の商品を作ることがポイント。

そして自分の成長を目的に副業をするのがおすすめです。

 

目先の収益にとらわれないで副業をやるとどんなメリットがあるのか。

そして「2019年最新のおすすめの副業3選」について体験談ベースにご紹介します。

【副業3つのメリット】20~30代の若者は絶対に副業をやっておくべき理由を徹底解説!

未経験アザラシ
未経験アザラシ
副業やるなんてめんどくさいんだけど。。。
webエンジニア船長
webエンジニア船長
副業を労働と考えたら確かにめんどくさいですが、副業は自分への投資でもあります。

うまくやれば自分の市場価値を上げるので20~30代の方は特にやるべきです。

副業をやるメリットはこの3つです。

1.新しい経験に投資をすると自分の市場価値が上がってくる

2.副業はたとえ稼げなくても経験を買えて、将来的に自分の商品を持てる

3.自分が心から楽しいものに取り組めてリスク分散ができる

【副業のメリット1】新しい経験に投資をすると自分の市場価値が上がってくる

 

私はもともと正社員経験のない28歳で大学院も中退している人なので市場価値が低いことにコンプレックスを抱えていました。

自分の市場価値について社会人だとあまり考える機会がないかもしれませんが、

今の時代ずっと同じ会社で働き続けるということはあまりなくなってきた分、転職する上で自分の市場価値については考えた方が今後の社会で生きていきやすいです。

 

しかし、多くの社会人が自分の社内評価を気にしています

もし、いつか会社をやめることを考えるなら、会社を転職しても社会から求められる人材になることが重要です。

そのための経験を買うことができるのが副業です。

新しい経験が増えていくとそれが自分の資産になり、スキルになります。

そうすると自分の市場価値がどんどん上がっていくので、たとえ社内評価が下がったとしても、すぐに転職してそこで必要とされる人材になることが可能です。

 

社内評価が上がったとしても市場からあまり必要とされていない人材になるのは逆にリスクが大きいですよね。

自分の会社からの評価が下がったり、業績が落ちたら社内評価が高い人でももう終わりです。

社内評価よりも市場価値を考えるのは生きる上で合理的な考えです。

【副業のメリット2】副業はたとえ稼げなくても経験を買えて自分の商品を持てる

 

副業は何やっても良いのですが、自分のやりたいことを副業にしてそれがすぐに稼げるようになるものは基本ありません。

すぐ稼げるものはだいたいが労働力を売ることで収入を得るものが多いんですよ。

仕事は労働力を売ってお金を稼ぐものではありません。

他人に価値を提供することが仕事です。

 

これを考慮に入れて考えると副業は「自分の商品」を作ることが大事です。

たとえばブログやyoutubeもメディア媒体を使った「自分の商品」です。

他にも自分が好きなことやってそれを自分の商品にできます。

 

自分の商品ができるとその商品が大きな資産になります。

 

ビジネスの基本は、

商品を作る。

→相手の欲求を満たす。

お金と等価交換する。

労働力の切り売りが仕事ではありません。

あくまで価値を提供することが仕事です。

 

そのため、誰でも「自分の商品」を作る経験は絶対にしておくべきです。やるとビジネスの基本が学べます。

 

たとえばブログという商品も、どんな人に読んでもらってどうやってpv数をあげるのかを、他のうまくいっている人を研究しながら自分で仮説を立てて試行錯誤しないととても収益を出すのは難しいです。

成功する法則はもうすでに先人が用意してくれてはいるんですが、全く同じようにすることは絶対に出来ないので、その抽象的な成功法則をどうやって自分に落とし込むのかを必死に考える作業がすごく勉強になります。

【副業のメリット3】自分が心から楽しいものに投資出来てリスク分散ができる

 

副業は自分がやりたいことに投資すべきです。

もちろん本来は本業を自分のやりたいことにするべきですが、

やりたいことなんてやってみないとわからないのでそううまくいかなかったりします。

 

私の場合プログラミングをやることも楽しいですが、すごい人をインタビューして記事にすることが夢でもあったので、ブログを副業にしています。

ブログも書きたいし、プログラミングもやりたい、この状態を作れるのが副業の強みです。

さらに収入源のリスク分散もできるので、本業がうまくいかなかったとしても副業の方がうまくいっていたらそちらにシフトすることも可能です。

一石二鳥の旨味があるのがまさに副業と言えるでしょう。

【2019年最新】6ヶ月以内に結果が出る!今やっておくべき副業3選

未経験アザラシ
未経験アザラシ
副業ってなにやれば良いの?
webエンジニア船長
webエンジニア船長
やりたいことをやって大丈夫なんだけど、自分の商品を持つということが副業をやる上で大切という話をしました。

それが大きな資産になる可能性があります。

その上で2019年におすすめする副業はこの3つです。

1.ブログ

2.youtube

3.プログラミング

1.ブログ

おすすめ度
稼ぎやすさ コンテンツをしっかり充実させて、70記事以上更新したら4ヶ月で収益3万円以上はいける。(ジャンルにもよる)
期待できる収益 20~50万円
将来性 低い

 

ブログ界で有名なイケハヤさんが「ブログはオワコン」と話していましたが、確かにオワコンであるので本気でブロガーを目指すものではありません。

しかし月20~50万円くらいで副業として稼ぐならまだまだ全然いけるのがブログです。

これはイケハヤさんも同じことを話していました。

 

私もブログをやってみながら肌で感じていることです。

またブログは収益を得るよりももっと大きなメリットがあります。

集客ができることとブランディングができることです。

 

私のブログが月5000pv程度とブロガーの人からみたらかなり少ないですが、

それでもブログのおかげで転職に繋がっているし、何か自分の商品をこれから売りたい人にとってはブログによって集客することが出来ます٩( ‘ω’ )و

転職する際にブログを書いていることにより、この人はこういう人なんだなと思ってもらえることができるので、結構信頼を勝ち取りやすいのです。

 

ブログは最初全く稼げませんが4ヶ月続けてしっかりコンテンツを充実させれば3万の収益は普通に出せるようになります。

ブログでの収益の出し方は今までいくつか記事を書いていますのでこちらを参考にしてください。

 

2.youtube

おすすめ度
稼ぎやすさ 難易度はブログと同じくらい。
期待できる収益 20万円以上は期待できる
将来性 高い

 

私がyoutubeやったことがないので説得力にかけますが、

今一番くると言われているのがyoutubeです。

 

youtubeはまだまだブルーオーシャンな分野がたくさんあります。

絶対に手をつけたほうが良い媒体と言えるでしょう。

 

2020年から5G通信になったらyoutube市場はさらに拡大すると思われるので2019年までに始めたい副業です。ブロガー界隈もみんなyoutube始めちゃってますからね。

2019年はいかに2020年に向けて布石を用意できるかが勝負になると思っています。

 

そのための布石として動画コンテンツは必ずくると思われるし、今すでにもう波が来ているのでやっておいた方が良いでしょう。

私も2019年3月までに必ず始めます(今のうちに宣言しておく)

 

今有名なyoutuberも会社員をやりながらyoutubeをやっていた人も結構いて、youtubeのほうが稼げるようになったからyoutube一本になったなんて話も珍しくありません。

youtubeも最初は全く収益が出ませんが、ブログと同じ容量で良いコンテンツを増やしていけば半年以内に収益を出していくことが可能です!(話を聞く限り)

3.プログラミング(web制作など)

おすすめ度
稼ぎやすさ 普通
期待できる収益 副業としてなら10万円以上
将来性 高い

 

プログラミングって普通にビジネスとしても役立つ思考が身につくのでみんなやったほうが良いと私は考えています。

文系出身の人でもプログラミングできる人がたくさんいるので誰でも割と簡単にできます。

ITエンジニアの不足は今後さらに進みますし、

何かサービスを作りたい時に自分で作れるようになれるので素晴らしいスキルです。

 

ただしプログラミングは実力をつけるのに多少時間がかかる(100時間以上の勉強は必要)のと、やはりプログラミングの適性があるのでまずはprogateをやってみて自分がプログラミングに向いているかどうか確認するくらいはやった方が良いです。

 

私はプログラミング講師を副業にしていますが、これは本業のエンジニアとしての実力を上げるためのものでもあります。

このようにアウトプットすることで自分のプログラミングの実力を上げられてしかも収入を得ることができるのは副業の強みです٩( ‘ω’ )و

 

プログラミングを本業で全くやっていない人でも、web制作ならクラウドワークスで月10万円くらいなら副業として収益を見込めます。

html/css、bootstrap、wordpressの知識があれば十分web制作はできるので1~3ヶ月間本気で勉強したら誰でも十分副業にすることが可能でしょう。

 

今後IT化はどんどん加速していくのでプログラミングは普通にみんな勉強しといた方が後々有利に働きますのでまずはprogateでも良いのでプログラミングに触れてみましょう。

 

それで面白かったらはできる限りお金をかけて仕事になるレベルまでプログラミングスキルを上げましょう。

プログラミングの勉強はプログラミングスクールに通うのも良いですが、副業として考えているならおすすめは-Skill Hacks- 動画で学ぶWebアプリ開発講座です!

下の記事でこれについて詳しく解説しています🔽

【プログラミング講師イチ押し】学習コスパ最強の教材を徹底解説! やべっち(@yabecchi312)です! 私は副業でプログラミング講師をしているのですが、プログラミング初心者にとって挫...

 

【まとめ】副業は最初赤字くらいが良い

 

副業をやる場合、大きくお金をかける必要はありませんが、ブログやyoutube、プログラミングなどどんな副業も最初はお金をかけた方が、より効率的に収益を出せます。

 

有料にしているノウハウを提供している側もその分良い情報としての価値提供をしているはずだし、

無料でなんでもやろうとするとネットの情報量が多過ぎて何を信じて行えば良いのかわからなくなります。

 

最初にお金をかけた分、正しい方法で時間と労力を投資できるのであとで必ずその投資した分は回収できます。

 

投資と回収の循環が繰り返されるとどんなビジネスだとしても収益が上がってきます。

ぜひこの循環に乗せるためにもまずは初期投資を考えて時間を大切にしましょう。

 

仕事は3ヶ月程度しっかり学んだ上でやりながら試行錯誤していけばどんどんコツを掴んで、半年以内に収益が出るものです٩( ‘ω’ )و

 

人生が変わるTECH::EXPERTを受講生が徹底取材!

詳細ページに行く