プログラミング勉強法・モチベーション維持

【プログラミング勉強】3つの基礎が出来ればプログラマー認定

やべっち(@yabecchi312)です!

 

プログラミングをこれから勉強する人にとって、どの言語から勉強して何を抑えれば良いのか全くわかりません。

そのため、プログラミングスクールに通ってしっかり勉強しても、就職が出来なかったり、全然現場で通用しなかったというのはよくある話です。

 

私は、他のエンジニアと「どうしたら未経験からプログラマーになれるのか」という会話をよくします。

そこでよく出る話が、「言語というよりも、基本さえしっかり出来ればどんな言語もできるようになる」

ということです。

 

しかし、プログラミング未経験の方は「基本って何?」と感じると思いますので、プログラミングを勉強するにあたって、特にこれだけは勉強してほしい3つのポイントをお話しします!

🔽おすすめスクールはこちら🔽

Webエンジニアになるためのライザップ的なコンテンツランキング!

  1. TECH::EXPERT【70日で一番スキルが身につく】
  2. DIVE INTO CODE 【一番スキルアップが可能】
  3. DMM WEBCAMP(旧:WEBCAMP PRO) 【就職サポートが熱い】
  4. 3ヶ月10万円で受講できる転職特化型Ruby実践研修【ポテパンキャンプ】【一番安い!コスパ最強】
  5. 侍エンジニア塾【マンツーマンでいきなりフリーランスも可能】

【プログラミング勉強】どんな言語もこれだけやればプログラマーになれる3つのポイント

webエンジニア船長
webエンジニア船長
絶対におさえておくべきプログラミングの基本は、この3つです。

1.繰り返し処理(for)と分岐(if)を使いこなせるようにする

2.オブジェクト指向をしっかり理解する

3.MVCを理解する

1.繰り返し処理(for)と分岐(if)を使いこなせるようにする

ぶっちゃけると、プログラミングは繰り返し処理(for)と分岐(if)さえ使いこなせれば何でも出来ます。

子供にプログラミングを教える場合は、まずここから教えることが多いのですが、実際プログラミングはこの3つで出来ています。

  1. 順次
  2. 選択
  3. 反復

 

この3つをしっかり抑えれば、どんなプログラムも必ず書くことが出来ます。

あとは、言語が持っている文法によって書き方や用意されているメソッドが違うだけです。

おさえておきたいポイントが3つあると話しましたが、繰り返し処理とif文を使った分岐処理さえちゃんと使いこなせたら、未経験でも現場で育てながらぜひ採用したいと考えるエンジニアはたくさんいます。

 

ただ、この繰り返し処理と分岐処理を使いこなすのが大変なんですけどね(^_^;)

例えば、じゃんけんの問題や素数の数字を出すアルゴリズムを書ける、九九を表示できるなどの処理を簡単に書けるようになるレベルは必要です。

 

ここの部分は、もはやたくさん問題を解いて慣れていくしかありません。

2.オブジェクト指向をしっかり理解する

オブジェクト指向について説明するのは、結構難しいです。

しかし、オブジェクト指向をしっかり理解しているだけで、よく使われているJava、PHP、Rubyをはじめ、多くの言語が習得しやすくなります。

 

実際、私もプログラミングスクールでRubyから勉強を始めましたが、仕事ではJavaを使っています。

Javaは、オブジェクト指向の代表言語ですが、Rubyをやっていたおかげで、割とすぐに理解することが出来ました。

Javaの方が、型について明確な言語で初心者には難しい言語ですが、Javaをわかっていたら、他の言語の習得も簡単です。

 

未経験アザラシ
未経験アザラシ
今プログラミング勉強中で、オブジェクト指向が全くわからないんだけど、本当に必要なの?
webエンジニア船長
webエンジニア船長
オブジェクト指向は、概念の話になりますが、これを深く理解できると、どんな言語も簡単に習得できるのでしっかり学習した方が良いですよ!

 

if文とfor文の使い方やオブジェクト指向については、誰もが最初に学びます。

しかし、たとえここをよく理解出来なかったとしても、便利なフレームワーク(Railsなど)を使えば簡単なWebアプリケーションを誰でも作れます。

 

私もif文とfor文やオブジェクト指向については、半年間ちゃんと理解出来ずにいました。

でも、ちゃんと理解できるようになると、自分で作れるWebアプリケーションがたくさん増えてくるので、本当のプログラミングの楽しさを感じることが出来ます٩( ‘ω’ )و

 

特にJavaに関しては、オブジェクト指向をしっかり理解出来ないと扱うのが難しいです^^;

最初に勉強する言語としてJavaは良い言語でもありますが、挫折する人もたくさんいます。

 

多くのプログラミングスクールが、Javaを教えるのではなく、Rubyを教えるスクールが増えてきたのは、初心者にも理解しやすいところもあります。

もちろんRubyの案件も多くなってきたので、そのままRubyを勉強して仕事に繋がる人もいますが、Rubyの特徴は便利さゆえに小規模開発で利用されることが多く、初心者が入る余地があまりないんですよ。

 

だから、仕事をするときは、JavaやPHPにいってしまうことが多いです。

しかし、どんな言語だとしても、オブジェクト指向と繰り返し処理・分岐処理を書けるようになることは、必須なのでここを深く理解することでどんな言語も使えるようになります。

プログラミング初心者の方は、大変でもここにしっかり力を入れて勉強をしましょう٩( ‘ω’ )و

3.MVCを理解する

MVCとは、モデル・ビュー・コントローラーの略で、この仕組みをわかるとWebアプリケーションを作ることが出来ます。

MVCについての仕組みは、そこまで難しくないです。

 

逆にここがわからないとWebアプリケーションは作れないので、しっかりおさえておきたいところです。

私も、プログラミング講師を副業にしていますが、MVCの説明は何度もするようにしています。

 

このMVCが理解出来ていないと、自分でアプリケーションを作るなんてほぼ出来ないからです。

この3つの基本を習得するのにどれくらいの期間がかかる?

  1. 繰り返し処理(for)と分岐(if)を使いこなせるようにする
  2. オブジェクト指向をしっかり理解する
  3. MVCを理解する

 

この3つの基本を理解するのに、50時間くらい勉強が必要です。

大体2週間はかかると思います。

 

特に、if文とfor文を使った、選択と反復を使いこなせるようには、たくさん自分でプログラミングを書く練習をしないといけません。

人によってはここだけで、かなりの時間がかかると思います。

 

しかし、これができるだけで、どんなプログラムも自分で書けるようになる自信がつきますし、ここはたくさんやれば慣れます。

検索力とエラー解決力も大事

よくプログラマーに求められるものとして、「検索力」と「エラー解決力」があります。

特に検索力があれば、どんなことも出来ないことはないです。

 

しかし、上3つの基本をしっかり理解していないと検索してもわからないこともあります。

もし、3つの基本を身につけた上で、検索力もある程度あったら、もう立派なプログラマーです٩( ‘ω’ )و

どこの現場にいってもついていくことは可能でしょう。

大事なことは一つの言語を深く理解すること

よく未経験からプログラミングを勉強する場合、どの言語から勉強するべきかという論争が行われています。

 

プログラミングスクールを見ると、Rubyが学べるところが多かったり、実際に職場ではJavaやPHPが多かったりしますが、ぶっちゃけどの言語から勉強しても大丈夫です。

 

大事なことは、しっかり基本が理解出来ているかどうかです。

自分の周りのエンジニアは、どの言語を仕事にするかなんて全く気にしていない人が多いです。

理由は、どれも大体考え方は一緒で、違いは文法が違うだけだからです。

 

もちろん言語によって、得意不得意があります。

それでも、ベテランの開発エンジニアは、3言語以上触れて成長していく人が多いです。

 

そのため、これからプログラミング勉強する方は、1つの言語を深く理解することがすごく大事です。

特に上にあげた3つのポイントをしっかり理解しましょう。

そうしたら、他の言語も使えるようになりやすくなるので、たとえRubyを学んでいたとしても、JavaやPHPの仕事をすることは可能だし、逆もまた然りです。

【2018最新】プログラミング初心者が選ぶべき言語を徹底比較!やべっち(@yabecchi312)です! 今回は初心者が選ぶべきプログラミング言語についてお話します٩( 'ω' )و ...

最後に:プログラミングを勉強するなら、まずProgateから始めて成功体験をたくさん積もう

プログラミングを勉強する上でもっとも大事なことは、「楽しむこと」です。

その楽しさを実感しやすいのが、Progateというサイトで簡単にプログラミングが勉強できるサイトです。

 

まずは、プログラミングを通して、画面が動いたり、ものづくりの楽しさを実感することが、一番早く成長できます。

ベテランプログラマーは、何よりプログラミングが楽しくて仕方ないんです。

 

それが、仕事になって、ずっとプログラミングを書いています。

周りからは、ブラックだと言われたりするかもしれませんが、もはや趣味に没頭しているのと同じなので、本人は全くブラックに感じていません。

これから、副業でもエンジニアを目指す人だとしても、まずはプログラミングの楽しさを実感することを最優先にして、勉強してみましょう٩( ‘ω’ )و

プログラミング副業・フリーランスで稼ぐロードマップを無料公開

プログラミングは市場価値を上げるのにとても再現性が高いスキルです。

しかも、プログラミングは副業がかなり簡単になり、フリーランスエンジニアになって自由に働いている人も多いです。

実際にプログラミングを使った副業で収益月20万円を超えるようになった私が、フリーランス・副業で稼ぐロードマップを無料公開しています٩( ‘ω’ )و