市場価値を上げるブランディング

30代未経験からプログラマーになる!年齢の壁を超える3つの方法

やべっち(@yabecchi312)です!

 

今プログラミングを勉強する人が多くなってきている中でよく聞くのが、「30代を超えてからもプログラマーになれますか?」という質問です。

未経験から30代プログラマーに挑戦する人は実は結構多いです。

私は30代からプログラミングを初めていきなりフリーランスエンジニアになる人や、40代からプログラミングを始めて転職を成功させる人をみてきました。

しかも職業はweb系のプログラマーです。

 

30代になるとwebエンジニアへの就職難易度は一気に上がりスキルを必要とします。

私は28歳からプログラミングを始めましたが、転職活動をしてみた感じ結構ギリギリだったなと感じています。

 

30代からプログラミングを始められた方で最終的にwebエンジニアになることができなかった人も私はみてきました。

このwebエンジニアになれるかどうかの違いはなんなのかを今回まとめましたので、ぜひ30代からプログラミングに挑戦する方は参考にしてみて下さい!

30代未経験から始めるブランディングとは?3つの戦略について解説

1.情報発信に力を入れる

2.経歴をうまくアピールする

3.しっかりとしたプログラミングスキルを身につける

1.情報発信に力を入れる

情報発信力はスキルを身につけるのと同じくらい大事なことです。

もし30代からプログラミングを始められる方は他に30代でプログラミングを始めたいけど悩んでいる方にすごく価値のある情報を発信できます。

コンテンツとして素晴らしい情報発信ができるので絶対にやるべきです。

 

特にやっておくべきツールはブログとtwitterです。

twitterでも30代未経験でプログラミングを勉強している方で情報発信を積極的にされている方はたくさんいます。

twitterで30代から未経験でプログラミングを始められる方はこの方をフォローすると非常に励みになると思います。

 

 

まず、webエンジニアになる上で覚えておかないといけないのは、「繋がりで入社することが当たり前にある」ということです。

やっぱり転職エージェントを使った転職方法しか知らない人があまりにも多すぎます。

 

繋がりを使った転職方法も全然あって、twitterを使った転職も今は当たり前のように行われています。

私のところにもスカウトメッセージがDMできます。

twitterで仕事の依頼がくることが当たり前のようにくるのはブログで情報発信をしっかりすることがポイントです。

 

ブログでしっかりプロフィールを考えて技術記事も書いて情報発信をすれば、十分仕事はくるはずです。

この情報発信の重要性に気づいている人が実は少なくて、これをやるだけでも100人に1人の人材になれます。

つまり、いかに自分がやってきたことを可視化できるようにするかが大切です。

30代未経験からプログラミングを始められる方はこの方をフォローをすると非常に勉強になると思います。


この方は情報発信を積極的にされながらその重要性とエンジニアとして大切なことをたくさん発信していらっしゃるので非常に参考になります。

29歳でプログラミングを始めて31歳でフリーランスになっているので、こういった自分が目指すモデルになるような方が何人かいるとエンジニアは目指しやすくなります٩( ‘ω’ )و

2.経歴をうまくアピールする

新社会人・新入社員のイラスト「男性社員」

30代を超えるとやっぱりある程度やってきたものがあるので、何かしらの強みを経歴と共にみせていく必要があります。

エンジニアって実はコミュニケーション能力も大事なのでここをみせるの良いですし、

何よりどんな行動を今まで取り続けたかをしっかりアピールすることが重要です。

これはブログのプロフィールにしっかり書き込みましょう。

 

こういったこともブランディングです。

自分が持っているものについて何を見せて何を見せないかをしっかり考えて情報発信をするとそれをみて採用したい企業は必ず現れます。

3.しっかりとしたプログラミングスキルを身につける

一番大事なことはプログラミングスキルがどれだけあるかです。

これを効率的に身につけてしっかり勉強できるかがポイントです。

プログラミングの勉強は絶対にプログラミングスクールに通ってお金をかけた方が良いです。

 

なぜなら、独学の勉強は挫折する可能性が一気に上がり、モチベーションの維持が大変だからです。

プログラミングスクールにしっかり通ってちゃんとエンジニアとして通用するスキルを身につけましょう。

ここでお金の投資をケチったら30代からエンジニアになるのはほぼ難しいと思います。

 

やはり早く行動し早くスキルを身につけるほどエンジニアになれる可能性が上がります。

もう本当にエンジニアになれるかどうか悩んで立ち止まっている暇がないんですよ。

その悩んでいる間にプログラミングを勉強をした方が良いし、スクールに通ってしまえば、諦めずに勉強することができればまずプログラミングに挫折することはありません。

とはいえ、プログラミングはやはり適性があるので、progateだけは手を付けるようにしましょう。

元googleの人もプログラミング独学は挫折し続ける3つの理由やべっち(@yabecchi312)です! 最近あるプログラミングスクールをインタビューをした時にアメリカのgoogleで...

【まとめ】行動を続けられる人が最後必ずwebエンジニアになっている

大事なポイントはとにかくやってみることです。

できるかできないかはやってみたら結果わかります。

その後はどれだけ行動を続けられるかどうかです。

大事なこと2つ

1.とにかくやってみるというハードルを超えることができるか

2.どれだけ行動を続けられるか

この2つができれば絶対にwebエンジニアになれます。

 

もう30代からプログラミングを勉強する人は自分が崖っぷちにいると思って熱心にやればできないことはありません。

人間何度かそのくらいの思いで人生を過ごしてみて良いと思うんですよね。

こうやって自分で決心して行動したことは絶対にあとでリターンが返ってくるということを私は学びました。

私は辛くてどん底にいるような時になってこそ、「死ぬ気でやればできないことはないはずだ」と自分に言い聞かせて決心して行動してきました。

これ以上底辺に下がることはないと考えて行動を続けると気づいたら小さかった木が実を結んでおいしい果実が実るものです。

 

プログラミングは簡単に習得できるものではないので、必ずプログラミングスクールに通って効率的にプログラミングスキルを身につけた方が良いです。

そうやって努力した人は絶対にwebエンジニアになれるし、そのあとフリーランスになることも可能で活躍している人も多いです。

これからプログラミングを勉強する方は年齢に関係なく応援しております٩( ‘ω’ )و

 

人生が変わるTECH::EXPERTを受講生が徹底取材!

詳細ページに行く